日本キリスト改革派教会紹介


 改革派教会というのは、16世紀ヨーロッパの宗教改革で、ジャン・カルヴァン達に指導されて出来たプロテスタント教会です。

 日本キリスト改革派教会は、1946年に創立されました。それまでも、日本には、改革派、長老派的流れを受け継ぐ教会はありましたが、戦時下、政府によって、すべてのプロテスタント教会は合同させられたのでした。戦争が終わり、信仰の自由が与えられたとき、かねて、純粋に改革派、長老派の伝統を受けついでいきたいと考えていた人々によって、日本キリスト改革派教会が創立されたのです。

 少数の日本人牧師たちと、彼らに指導されていた教会とが、自覚的に伝統的改革派信仰と、長老主義の教会組織とを、最も聖書的なものと確信して組織した教会が、50年後、5つの中会(教区)と130の教会、8000人の信者を持つまでに成長しました。神学校は、教派立の神戸改革派神学校と、有志立の改革派神学研修所(東京)です。

 わたしたちの教派の神学と制度は、カルヴァンの著作や、彼が指導したジュネーブの教会、そしてオランダの改革派教会、スコットランドやアメリカの長老教会から、多くの影響を受けています。信条はウエストミンスター信仰基準で、それに、ジュネーブ信仰問答、ハイデルベルク信仰問答をも、指導書としています。さらに、改革派の諸信条や、神学の歴史を受け継ぎつつ、自分たちの言葉で、聖書について、聖霊について、予定について、福音の宣教について、教会と国家についてなどの信仰の宣言を作り上げてきました。

 日本キリスト改革派教会は、日本伝道のために、北米キリスト改革派教会、アメリカ合衆国長老教会、米国正統長老教会、大韓イエス教長老会と伝道協力をしています。また、公式非公式に、アメリカ、イギリス、インドネシア、ガンビア、(フィリピン=現在欠員)などに宣教師を送っています。