ようこそ 長野教会へ


  • 所属教派・日本キリスト改革派教会

  • 伝道開始・1981年、長野県県庁所在地、長野市で伝道を開始。

  • 会堂建築・1988年、国道沿いにある小さくかわいい教会堂です。

  • 伝道主体・東部中会(教区)の伝道事業です。

  • 牧師   ・伝道開始より2010年1月まで、長田秀夫牧師
          ・2010年2月以降、塩田隆良牧師

甲信地区の協力

 長野県と、隣の山梨県に、改革派教会は四つあります。そのうち三つの教会は、北米改革派教会日本ミッションの伝道によって生み出された教会です。これらの教会は、日本の異教的土壌の中に、福音の種をまき続け、教会を立て上げるために協力しています。

長野市の特徴

 長野市は、日本で最も有名な仏教寺院の一つ、善光寺がある所で、仏都と呼ばれています。しかし、キリスト教会もたくさんあります。この地方では、人々が仏教徒であるという意識が強く、宗教的伝統習慣が根強く社会に浸透しています。家族のきずなも強く、人々が聖書の教えに共感しても、キリスト者となり教会に加入するには、多くのさまたげがあります。わたしたちは、多神教と複雑な宗教習慣が根強く人々の心と生活を支配しているこの地域で、純粋な聖書の教えを伝え、救いの恵みと力を証しし、キリストの愛を世に顕すために、祈りつつ努力しています。どうぞお祈り下さい。

《長野教会の特徴》

  1. まだまだ小さな群で、会員より求道者の多い伝道所です。
  2. 福音を地域に伝え続けている教会です。毎月、伝道誌「愛の道」を発行しています。
  3. 心の病と戦っている友人たちが、安らぎを求めて集まって来る教会です。
  4. 賛美歌、賛美歌21、ジュネーブ詩編歌を使っています。
  5. 超教派の集まりである「北信キリスト教協議会」に積極的に参加しています。
  6. ときどき、とてもおいしい料理の食事会がある教会です。

 長野市においでの折りには、どうぞ、わたしたちの教会をお訪ねください。歓迎いたします。